20170221

遊心母屋横に新しい駐車場が完成しました。これで、階段を使わずに遊心喫茶部へ行くことができます。

この駐車場から右側にただいまアプローチ作りに励んでいるのがオーナーです。毎回何か新しいことを計画しては「忙しい、忙しい」を連発しています。

朝夕はまだまだ寒いですが、庭のリンゴの木に花が咲き始めました。いよいよ春が近くに来ています。

ところで、ただいま囲炉裏ハウスのベランダを改装中です。以前の倍近く広いベランダになる予定です。

20170213

2月9日から10日にかけての吉無田はすごい雪が降りました。今年は雪が少ないねえと言っていたのに朝目が覚めたらびっくりするぐらいの積雪で驚きました。

雪が降っていると暖かいものですね。通常はマイナスの気温ですが、この日は3℃でした。積雪は約8cm

アプローチの雪もちょっと豪華にみえます。木に積もっている雪はまるで綿菓子みたいです。土曜日に宮崎からお泊まりされたお客様はそり滑りを楽しまれました。

残念ながら私は9日~13日まで、ベトナムの南部と中部を旅行中で今年は雪だるまづくりが出来ませんでした。4度目のベトナムですが、相変わらずの熱気で活力をもらってきました。

フランスの統治下時代の建物は毎回感動します。

中部のホイアンでは、400年以上の歴史ある日本橋(来遠橋)を見てきました。昼と夜ではまた違った趣がありました。

満月になる旧暦の14日、提灯の明かりだけが町を照らし、幻想的な雰囲気になります。にぎやかな長崎のランタン祭りとちょっと違いますね。

と、言うわけで吉無田の寒さも知らず遊んでいたので連れあいからは「路面や水道管が凍って大変だった!!」と帰ってから言われてしまいました。

 

 

 

20170205

いつの間にか2月になってしまいました。昨年は1月の終わりにすごい雪が降ったのに、今年は寒くはありましたが、大雪になりませんでした。雪だるま作りが出来ず残念でした。

近所の牧場の牛たちです。寒いのにたくましいですね。あと2か月もすれば新しい牧草が生えてきますよ。

阿蘇の中岳もうっすら雪化粧をしていました。

お泊りご予定のお客様からこの時期「雪は大丈夫ですか?普通のタイヤで来れますか?」との問い合わせが多いです。道路は凍っていないし、雪も積もっていません。

でも寒いからこそ、きれいな夕日や夜景が見ることが出来ます。私一人で見るのは本当にもったいないなあと、いつも思っています。

ところで、今日は朝から雨なのでオーナーは倉庫で薪割りをしています。3棟準備するともなるとストーブに用意する薪が足りなくなります。頑張っていますよ。

 

20170101

明けましておめでとうございます。いいお天気に恵まれたお正月を迎えることが出来ました。遊心の2階から初日の出がみえました。毎日同じ朝日なのに気分が違いますね。

今年は、山都町にある幣立神宮に初詣に行きました。最近人気のパワースポットなので大勢の人でにぎわっていました。家族の健康をお願いしてきました。

その後、商売の神様で久留米にある「成田山」まで足を延ばしました。ここもお参りするのに順番待ちするくらいの人出でした。もちろんここでは、「遊心」と主人の会社「㈱アバンス」との商売繁盛をお参りしてきました。

20161212

12/11にふっこう割を使って、天草へ泊りに行きました。夫は地震後始めてきたと言ってました。本当に忙しい8か月でしたからね。天草1号橋も新しい橋が出来つつあったり、幹線道路も徐々に出来ていました。有明町のリップルランドからみる島原も、吉無田からみるよりうんと近くに見えています。不思議な感じがします。

3号橋近くに「リゾラテラス天草」という新しい施設が出来ていました。おしゃれな雰囲気で、私たちおばさんにはちょっと場違いかも!?

遊覧船も出てきました。外国人の観光客が大勢乗っていました。気持ちよさそうです。

夕日がみえるスポットも用意されています。遊心でも作りたいですね。夫もいたく気に入って構造をしっかり観察していました。

天草プリンスホテルに宿泊しました。部屋食でゆっくりいただくことが出来、飲んでもそのまま休むことが出来る安心からか二人で飲みすぎてしまいました。翌朝は、ホテルおすすめの早朝ウォーキングに参加しました。ホテルの方が案内してくれます。車で行きすぎるだけの場所をゆっくり歩くのは本当に気持ちいいものですね。その後の朝食は本当においしかったです。

また、久しぶりに大江の天主堂を見てきました。高台にあって近隣の住民の方から大切にされている場所だなあという気がしました。近くに浮きを使ったくまもんも可愛らしかったです。

河浦を通っていたら、サンタクロースの案山子がありました。3月にかかし祭りをやっていた場所です。また、来年もお邪魔したいと思っています。

 

その他の記事...

  1. 20161207
  2. 20161202

追加情報