20180321

今週日曜日に吉無田高原の野焼きが行われました。本当は、3月4日の予定でしたが、日曜日ごとに雨が降り、この日になってしまいました。昨年も同じように雨や強い風でとうとう中止になった経緯があります。

野焼きは春先のまだ草や木の新芽が出ない時期に、野山の枯れ草を焼く事で山焼きともいいます。昨年はやっていなかったので人の背丈ほどもある枯草に火をつけるのは大変だったそうです。

始めは山の頂上から点火します。火は上の方から下方へ移動します。町の消防団や地元のボランティアの人が大勢集まって点火の計画や注意を話し合います。

枯草が燃える音と火の勢いに圧倒されます。

今日の野焼きで、あわてて野兎が6匹飛び出してきたそうです。

この野焼きが済むと10日ほどで黒々としている草原が青いじゅうたんを敷いたような草で覆われます。5月の連休は素晴らしい草原になっていることでしょう。

ところで、ご連絡が遅れましたが、「遊心喫茶」は4月14日(土)から営業します。

4月8日(日)は、前回お知らせしました「吉無田高原フットパス」があります。毎回好評のイベントです。ご参加をお待ちしています。

 

20180307

今夜は風が強いです。春一番は先週吹いたはずですが・・・

先週、近くのお豆腐屋さんが飼っていたヤギが我が家にやってきました。かわいがっていたおじいさんが体が弱くなって飼育できなくなったそうです。持参金(?)としてお豆腐を沢山いただきました。また、食べていた乾燥飼料も頂戴しました。ハナちゃんと対面したときは互いに頭をぶつけあっていましたが、しばらくすると仲良くなったみたいです。ハナちゃんが3才、また、ユキちゃんと付けたヤギは5才です。りゅうちゃんも気になるのか、毎日そばによっては吠えてちょっかいをだします。そのたびにヤギたちは柵越しに向かっていくのであわててりゅうちゃんは逃げていきますが、また近づいて吠えています。

今朝の主人の仕事は、新しく作っている五右衛門風呂の屋根の樋を付ける作業です。本当にゆっくりすることはないですね。

もうすぐ完成の五右衛門風呂の部屋です。

お湯につかりながら外を眺めることが出来そうです。

脱衣室です。広くていいですよ。まだ、未完成ですが・・・

焚口です。ここから薪を入れてお湯を焚いていきます。今、棟梁に椅子を作ってくれるようにお願いしています。

小梅が咲き始めました。やっと春が来ます。今年は例年より寒かったので春が待ち遠しいです。

20180222

今週末25日(日)に吉無田高原の野焼きがあります。下の写真は一昨年のものですが、近くで見ていると炎と枯れ草の燃える音で大迫力です。昨年は雨の為ありませんでしたが、お天気であれば行われます。ぜひ一度見に来られませんか?

ところで、例年どおり今年も吉無田高原のフットパスが開催されます。好評をいただいている山菜てんぷらとイノシシ肉の焼き肉(ジビエ料理)もあります。吉無田のおいしい空気の中で食べる取れたての山菜てんぷらは最高ですよ!!

 

 

 

20180220

寒さも一段落したようです。今朝はお天気も良く、遊心の遠景写真からもだんだん春が近づいてくるのがわかります。

先週は、木立ハウス横に完成したBBQハウスで、いつものメンバーと焼き肉をしました。自分たちで使ってみて不具合がないかの点検(?)です。写真では、お鍋をつるしていますが、それを取り外せば焼き肉ができます。もちろんお鍋もOKです。冬場でも十分暖かいですし、また窓には網戸も付けているので虫が寄ってくる心配もなく、夏場でも快適だと思います。

ところで、柴犬のりゅうちゃんは毎朝主人と一緒に会社に出勤(?)しています。遊心から会社に行く時は、車のドアを開けるとすぐに飛び乗ってきますが、会社から帰る時なかなか車に乗ろうとしません。会社の社員さんがいっぱい遊んでくれるからでしょう。お昼になって疲れてくると主人の横で無様な格好で寝ています。

20180206

今年の冬は例年になく厳しい寒さが続きます。雪もよく振りましたが、戸外の水道にもつららが見受けられます。

この寒さも週末には和らぐとのことです。早く春が来たらいいのにと今回はつくづく思いました。でも、この寒さの中での夜景や星空は絶品ですよ。100万ドルの夜景とはいかないまでも見とれてしまう景色です。

木立ハウスに隣接しているBBQハウスが出来上がりました。靴を脱いで上がって座る掘りごたつ式のテーブルなのでゆっくりくつろげると思います。

次に主人が構想しているのは五右衛門風呂の部屋です。お客様自身が薪を炊いて沸かしていただくお風呂です。さびれた感じにする予定が、いつもの棟梁が張り切って造っているので立派な建物になりそうです。

初めて、ヤギのはなちゃんと柴犬のりゅうちゃんの対面です。りゅうは吠えながらはなに近づいていきますが、はなは相手にもしません。

りゅうは和室の部屋に入らせないようにしていますが、すきを狙って入ろうとします。ほふく前進であたりを見回しながら入る姿には叱る前に笑ってしまいます。

その他の記事...

  1. 20180112
  2. 2018111
  3. 20180101

追加情報