20171206

遅くなりましたが、先月11月18日にありましたフットパスの報告です。今回はそば狩りとそばの実曳き、そして吉無田野菜を使った昼食会です。

まずは、そばの収穫

先に収穫して干しておいたそばの穂の部分を棒でたたいて実を落としていきます。

つぎに唐箕(とおみ)を使って

足踏みで脱穀した穀物を上から落として横から風を当て、軽い茎や葉などのゴミを吹き飛ばしていきます。重い実だけ下に落とすという単純な仕組みで風の力でゴミと実を選別する道具です。初めて使う道具に子どもたちは興味津津です。

寄り分けた実は少し体験で石臼を使って粉にしました。

昼食は、地元のお母さんたちの会(ばあば会)の方たち手づくりの料理です。豚汁と煮物やデザートなど・・・もちろん新米のおにぎりやお赤飯のおにぎりもありました。

食事後は、ミニコンサートも開催されました。

次回は12月24日(日)にそば打ち体験としめ縄づくり、そして餅つきをします。体力に自信のある方は特に参加をお願いします。きねで餅をつくのは楽しくもありますが、大変な作業です。

追加情報