20181021

最近は、毎日綺麗な夕日が望めます。あたり一面真っ赤になる景色をベランダで眺めています。私にとっては至福の時間かもしれません。

朝夕、涼しいというよりも肌寒く感じます。主人たち仲間が植えた紅葉も色づき始めました。

主人は、この季節を味わう暇もなく作業に没頭しています。まず石積みの修復と階段作りに日々追われています。

道面から下に降りるアプローチ作りにも思い入れがあるようですよ。

主人が植えた花も今が見頃です。

最近、運動不足解消にりゅうちゃんを連れて散歩を始めました。途中、必ずこの蓋の前でしばらく下を眺めています。きっとタヌキの住み家があるのかもしれません。

この11月で1歳になるりゅうちゃんの散歩は、60ウン才になる私にとっては結構激しい運動です!!

 ピケがとれた建物は、立派に見えませんか?まだ、ベランダの手すりが出来ていないのでちょっと間が抜けて見えます・・・

 

追加情報