blogheader

20161109

10/29~11/4まで、英会話講座の「修学旅行」という名目で、カナダのトロントとナイアガラへ行ってきました。13時間飛行機に乗るのも体力がいるものですね。トロントの空港に降りたらもうへとへとでした。

機内食を何度も食べたのにホテルに着いたら、まず夕食だ--と、トロント最大のショッピングセンター「イートンセンター」へ・・・遅い時間なのにすごい賑わいでした。

翌日からは、自由行動なので、頑張って友人と二人で行動しました。まずは2007年頃までは世界一高いと言われた展望台です。昔から人気の高いトロントのシンボルの「CNタワー」に行きました。展望台からのトロント市街の景色は最高です。

次に向かったのはトロントでも最大級の1910年に建築されたとは思えない個人住宅です。カーサ・ロマといいます。この城はトロントの実業家で軍人であったサー・ヘンリー・ミル・ペラット氏が築城しましたが、後に破産し、この城を手放してしまったため、結局10数年ほどしかこの城に居住出来なかったと言われています。部屋数が90以上あると言われる凄い規模の建築物でした。日本語の音声ガイドがあったので十分楽しめました。

その後、スチームホイッスルビール工場でビールの試飲をしたり、ケンジントンマーケットやチャイナタウンも見学しました。また、路面電車や地下鉄、バスにもチャレンジして乗ってみました。もちろん片言の英語を駆使しての観光です。ボディランゲージがほとんどでしたが。他のメンバーは見事に英語を操っていました。もっと頑張らねばと反省しきりでした。トロントで3日間楽しんだ後は、一路ナイアガラへ・・・車で約1.5時間です。

ナイアガラの知識がなかったのですが、滝は2か所あって、手前がアメリカ滝、奥がカナダ滝というそうです。すごい迫力と音で圧倒されました。

また、船に乗るとその迫力が増大します。

カナダ側から乗る人は、赤いカッパで、アメリカ側からの人は青いカッパを着ています。カナダ滝の迫力は半端なくて全員ずぶぬれになってしまいます。

本当は、この時期紅葉が終わっているのですが、今年は暑かったせいかまだ見ることが出来ました。皆でラッキーと喜びました。

 午後からは、歩いて橋を渡りアメリカ側へ行きました。空港と同じように税関を通って行くんですよ。またまた緊張の連続です。両国の国旗があるところが国境です。

連日、ハンバーガーなどのパンばかりだったので、「Japanese udon]と書いてあったお店でうどんをたべました。友人はベジタブルうどん、わたしはシュリンプうどんと明記してあるものを注文しました。とにかくびっくりする味でした。ダシが利いていなくて、うどんなのにきゅうりとレタス、人参がトッピングしてありました。二人で「これはうどんじゃない」と叫びました。