blogheader

焼き杉作り20200608

今日は、朝からタイニーハウスの壁に使う板を焼く準備をしています。焼き杉にすると塗装の手間はいらないし、何十年も持つそうです。(私たちが生きている間はメンテナンスが要らないですね。)もちろん、火を使うので消防には届け出済。万全の状態で作業開始です。

sDSC 3827

板を三角に組んだら、その間におがくずを包んだ新聞紙を入れます。

sDSC 3828

下から火を付けるとだんだん黒い煙が出てきます。燃え始めたようです。

sDSC 3833

すごい勢いで炎が出てきました。この状態で4分焼くそうです。火花が飛び散りあたり一面熱くなってきます。

sDSC 3837すぐに噴霧器で水をかけます。水のかけ方が強いとせっかく焼いた杉の文様がダメになるので神経を使うそうです。

sDSC 3839出来上がりはこういう状態です。

sDSC 3853

前回、特殊伐採の取材で来られたKKTの方がまたいらっしゃいました。屋根まで出来上がっている建物を見て、意外に大きな建屋ですね。とびっくりされていました。まずは、レポーターの人が体験することになりました。

sDSC 3846

 もちろん、炎を見てびっくりでしたよ。

sDSC 3848

7月になって放映されるそうですが、この時にはきっとタイニーハウスは出来上がっていることだと思います。