blogheader

新たな作業20201021

主人は、以前から考えていた悠遊ハウスから天空ハウスへ行くアプローチを作り始めました。肩が痛いと言いながら作業をしている時は痛さを忘れる見たいですね。

s DSC 4529

 急な階段にならないように考えながらの作業です。

sDSC 4531

階段が出来た後の緩い勾配をどうするか楽しみです。

s DSC 4546

ところで、庭のツワブキの花が咲き始めました。もうすぐあたり一面黄色の花でいっぱいになります。

s DSC 4548

s DSC 4549

忙しい合間20201019

お泊りの準備をした後、最近習い始めたカントリーダンスのイベントをやっている高森町にある「ストロングボス」へ行ってきました。みなさん楽しそうに踊っていましたが、私にはまだまだハードルが高いですね。

s DSC 4537

 まずは、衣装から入りましょうか?!

s DSC 4534

ダンスのセンスがないのを実感した後、友人と隣にあるイングリッシュガーデンへ行ってみました。

歩き回りながら自然の雰囲気を楽しめるガーデンです。

s DSC 4541庭先にはテーブルもあり、ハーブティを楽しんでいらっしゃる方も見られます。

s DSC 4539

お花に詳しい友人から色々説明をしてもらいました。

s DSC 4545

 s DSC 4543

s DSC 4542

 帰りは、朝どりのトウモロコシを買って帰りました。

 

9月の風景20200919

9月6日の台風は驚かされましたね。報道でずいぶん脅された気分でした。でもそのおかげで十分な対策が出来ました。日曜、月曜にお泊りの方にキャンセルの電話をして2日間とも全棟を閉めました。テラスに置いていたテーブルやBBQコンロを仕舞って、私たちも市内のビジネスホテルに避難しました。朝からりゅうちゃんを散歩させているときにきれいな二重の虹がみえました。本当にすごい台風がくるのか思うとこれは嵐の前の静けさというところでしょうか?

sDSC 4309

翌日、こわごわ吉無田に帰ってきました。何事もなく建物が建っていて(?)安心しました。やはり十分な備えをしておくと良いというのがわかりました。

この週末にまた、ケーキの注文がありました。今回はお誕生日が近い方が何人もいらっしゃるようで大きなケーキを頼まれました。おいしそうでしょう。

sDSC 4349

御船町にあるケーキ屋さんです。「シェールパパ」といいます。女性の方が焼いているからか繊細な味がします。

ずいぶん前から紹介していましたタイニーハウスが出来上がりました。立派な階段もつきました。

sDSC 4338中の様子です。二人ほど泊まれます。ここは、満天ハウスに併設しているので、大勢でお泊りされる時に利用できます。

sDSC 4351

隠れ家的雰囲気でしょう。ソファーベッドを置いています。

sDSC 4352ここから見える景色です。

sDSC 4354

主人は最後の仕上げに階段下部に石積みをしています。

sDSC 4390

満天ハウスとタイニーハウスです。アプローチにはライトもつけています。ちょっとミスマッチでしょうか?

sDSC 4409

秋のドライブ20201005

昨日、みんなのスケジュール(?)が合ったので、一度は行ってみたいと思っていた大分の杵築(きつき)に行ってきました。お天気も良く遠足気分で出発しました。遠足なので、お茶はもちろんお菓子も準備万端です。途中、高森のそば畑の花が満開だったのを眺めながらウキウキの道中でした。

s DSC 4439

 杵築市は南北の二つの高台に武家屋敷が立ち並び、その谷間に商人の町が細長く続く城下町です。北台の武家屋敷通りは、昔ながらの白壁が残る静かな佇まいで城下町の面影を色濃く残しています。着物姿で歩いている人もいて江戸時代にタイムスリップしたような錯覚を覚えます。つれあいたちが「あんたたちも着物を着たらよかったのに」といいましたが、ある主人は(誰とは言いませんが)「奥さんたちが着たらチンドン屋みたいだよ」とこっそり言っているのが聞こえてきました。
s DSC 4457
 武家屋敷の中には、ひときわ目を引く立派な屋敷があります。杵築藩の家老が住んでいた大原邸です。茅葺屋根が見事でした。
s DSC 4456
多くの坂が存在する杵築城下町にはそれぞれ「酢屋の坂」や「飴屋の坂」、「志保屋(塩屋)の坂」などユニークな名前が付けられています。これは、「勘定場の坂」です。ここを上がれば武家屋敷に続いています。
s DSC 4453
 写真は、北台から見下ろした杵築城下町を代表する酢屋の坂(手前)と塩屋の坂です。日曜日なのに観光客が少ないですね。もっといろんな人に見てほしいと思いました。
 
s DSC 4458
連れの荒野の七人ならぬ好爺(こうや)の三人です。ずいぶん歩いたのでお疲れ気味です。
s DSC 4461
坂の途中では、写真撮影があっていました。絵になる風景ですからね。
s DSC 4465
 
帰りは高森で今回の反省会と次回の計画の会議(?)を兼ねた食事会です。私たちのモットーは、「俺たちに明日はない」なので、計画したらすぐ実行!!という決まりです。
 
 

今日から9月20220901

今年は、吉無田の夏祭りもなく、御船町のがぁーぱ祭りもなく近くの友人たちと「さびしいね~。皆で集まって飲もうか?」ということになり夕方から屋外でビアガーデンをしました。出来るだけ離れて食事をしようということでしたが、皆年配者で人の声が聞き取れないのかついつい近くに寄ってしまいます。カラオケも持って来てくれて、ずいぶん盛り上がりました。やはり、外で飲む生ビールはおいしいですね!!

sDSC 4292

この日の午前中には、御船町商工会女性部で人吉に炊き出しに行ってきました。毎週ボランティアで炊き出しに行かれる御船町の「たしろ食堂」さんの采配でのお手伝いです。ボランティアで頑張っている人や近くに避難されている方たちへの食事の提供です。初めての経験でした。皆さん頭が下がるほど頑張っていらっしゃる方が大勢お手伝いに来られていました。

sDSC 4273

sDSC 4281

遊心入り口の四つ角に今年の7月からお茶屋さんがカキ氷を出されました。お茶屋さんならではの抹茶シロップやほうじ茶シロップ入りのカキ氷は、汗がすーと引っ込むほどおいしかったですよ。

店内の様子です。田舎の食堂という雰囲気で落ち着きます。

sDSC 4206

sDSC 4211

sDSC 4304

このカキ氷は、手回しの機械で丁寧に削ってくれています。

sDSC 4207

暑い間は、まだまだ食べられます。お越しください。