blogheader

うれしいこと20200601

吉無田に来て約7年。周囲の方に支えられて楽しい田舎暮らしをしています。季節ごとに玄関先に近所の農家の方がお野菜を置いといてくれます。タケノコはうれしいことに薪でじっくり湯がいたものを頂くので芯の所までやわらかく、また新鮮なのでいくらでも食べられます。最近までは春キャベツを頂いていました。先日頂いた梅は、煮梅と梅酒に使用と準備しています。

s DSC 3770

昨日は、ブロッコリー、タマネギ、ニンニクを頂きました。

s DSC 3769

時々、集まって情報収集と称して宴会をします。主人も仕事以外の人と飲むのは楽しそうです。もちろん私も仲間に入ってわいわい賑やかにおしゃべりに興じています。

 昨日の日曜日に御船町中にある「とらや」さんへ行きました。通常は、宴会料理をおもにされている「とらや」さんですが、このコロナの影響から予約が少なくなったので、創業当時からされていたラーメンを復活されたそうです。本当の熊本ラーメンでしたよ。チャーシューも沢山は行っていてすごくおいしかったです。癖になる味です。

s DSC 3773

その後、吉無田に帰る途中にちょっとおしゃれな喫茶店に寄りました。レトロな置物が沢山なり懐かしい気分になります。

s DSC 3778

ミントティーと日向夏のグランテを頂きました。夏らしいメニューです。

s DSC 3775

吉無田の季節20200530

最近、仕事から帰るとつい芝生広場に足が向きます。ここから眺める景色に今一番癒されています。

s DSC 3683

天草の上島もよく見えています。不知火海も見えていますね。

s DSC 3684

この時間(7寺20分頃)になると熊本市内の夜景も段々見え始めてます。

s DSC 3687

遊心のアプローチの山あじさいに花が咲き始めました。いよいよ梅雨入り間近ですね。

s DSC 3779

園芸種のあじさいと違って可憐な花を見せてくれます。

s DSC 3780

s DSC 3781

雪の下にも花がみられます。

s DSC 3768

小国ドライブ20200524

今日は、あまりの天気に外出せずにはいられませんでした。ひさしぶりに小国方面へ出かけました。以前、テレビに出ていたおそばを食べようと昼過ぎに到着しましたが、びっくりするくらい人が待っていました。ほとんど福岡ナンバーの車でした。待つことが嫌いな主人は、別のお店を探そうとやはりおそばやさんに向かいましたが、そこはお休みでした。次に向かったのが「岡本豆腐店」。ここで豆腐定食を頂きました。できたてのお豆腐や厚揚げはおいしかったですよ。醤油やゆず胡椒、ゆず酢を付けていただく方法は初体験です。家でもやってみようと思いました。

s DSC 3718

室内もソーシャルディスタンスを守っていてテーブルをひとつ置きに空けてありました。

s DSC 3715

ざる豆腐、焼き揚げ、豆乳、みそ汁、惣菜などお豆腐だらけの定食です。

s DSC 3717

つぎにせっかく小国まで来たのだからと涌蓋山(わいたさん)を眺められるはげの湯に入ってきました。お風呂からもよく見えます。

s DSC 3720

熱くもなく、ぬるくもなく本当にいいお湯でした。やはり日本人はお風呂でストレス解消ですよね。

s DSC 3727

帰る途中の草原からも涌蓋山(わいたさん)がよく見えます。牧草地らしく刈り取った草原とのコントラストがきれいです。

s DSC 3730

よく通る道路脇にツゲで動物の形に刈り取ったところがあります。しばらく行かない間にすごくバージョンアップしていました。こんな風景を見ると圧巻ですよね。

s DSC 3732

s DSC 3735

s DSC 3736阿蘇五岳はいつもは高森方面から見ているので反対から見るのは久しぶりです。田植えが終わった水田も色とりどりできれいでした。本当は日差しがあればもっときれいなんでしょうね。

s DSC 3744

作業状況20200527

満天ハウス横のタイニーハウスの土台ができあがりました。昨日は、KKTの「テレビタ」の取材がありました。国武林業さん達グループの活動の一環としてこの建物の計画がテレビに出たわけです。少しですが、主人も出ました。計画に参加した動機とかを説明していました。家屋が出来たらまた取材に来るそうです。

s DSC 3694

s DSC 3698

今日は、ピケも組んでありました。

s DSC 3770

いよいよ建屋の準備が始まりますね。

s DSC 3774

今、主人が頑張っているのは、芝生広場から下って悠遊ハウス横に出る道を整備することです。よくもまあ、こんな大きな木材を並べたなあと感心してしまいます。

s DSC 3759

s DSC 3760

芝生広場にも高台があります。ここをどうするかは今研究中(?)です。もちろん、この階段も主人の手作りです。

s DSC 3762

s DSC 3761

写真からでは余りよくわかりませんが、ここからの夜景は最高です。

s DSC 3753

芝生広場②20200515

先日紹介した芝生広場が徐々に完成しつつあります。芝生植えはプロにお任せして主人は、ひたすら水撒きに徹していました。

sDSC 36466

プロの方たちは、まるで線でも弾いてあるようにまっすぐ敷き詰めていきます。

sDSC 36488

sDSC 36522

sDSC 36711

この芝がそだって緑色のじゅうたんになったら寝ころんで夜空を眺めることにします。でも今日は本当に気持ちいい景色が広がっています。