blogheader

寒さが続いた1週間20210112

先週の木曜日から、家の周辺から車で出れない状況が続いています。主人の車は冬用タイヤなので平気で会社に向かいました。11日だけは一緒に行って事務処理等をやってきました。母屋はしばらくは水もお湯も出ない状況でしたが、今日からはやっとお湯も出てきました。通常のありがたさを痛感しています。今の楽しみは展望広場からみる景色です。

s 1610408826408

母屋から300m程上方にあります。散歩がてら(今は雪で恐る恐る歩きますが・・・)歩いて行くと熊本市内を一望できる場所が現れます。家に籠っている今は、十分癒される場所です。雪がなくなって、暖かくなったら緑色の芝生が現れると思います。

 ところで、お泊りのお客様は最近焚火を希望される方が多いです。この時期そのまま薪を燃やすと木々が乾燥しているので火災の恐れがあります。なので、焚火台を購入しました。薪こみで1式2000円で準備いたします。

s DSC 5130

 

雪景色20210107

水曜日から急に冷えてきました。天気予報は当たりますね。翌木曜日に起きたら一面の雪景色でした。

sDSC 5093

sDSC 5099

年末と違ってふわふわの雪が5cm程積もっていました。サクサクと雪を踏みしめると音がします。長靴を履いて散策しました。

展望ハウスに入る道です。

sDSC 5101

今度はそりすべりが楽しめそうです。

天空ハウスの入り口です。恐る恐る進んでいきました。

sDSC 5103

ベランダからは熊本市内の景色が一望できます。

sDSC 5107

悠遊ハウスに行く道も真っ白です。主人がヤギに餌をやりに行った車の跡だけがついていますよ。

sDSC 5095

ヤギ小屋周辺のクヌギ林の風景です。

sDSC 5112

sDSC 5113

悠遊ハウスのベランダを眺めていたらまた、雪が降り始めました。昼過ぎなのに夕方のような薄暗い景色になりました。

sDSC 5110

 

餅つき20201220

恒例にしているNPO法人主催の吉無田緑の村での餅つきがありました。前日からばあば会のメンバーがもち米の準備をした餅を蒸らすことから始まります。

sDSC 4988

そば打ち体験は昨年私も体験しましたが、難しいですね。まずお水を入れながら丸めることから始めますが、なかなか一塊にはなりません。次に麺棒を使って伸ばすのですが、これも難しいです。

sDSC 4989

DSC 2430密にならないように、しめ縄作り班とそば打ち班とに分かれて体験をしました。しめ縄も立派な作品が完成しています。

DSC 2433

皆で搗く餅も楽しそうです。子供たちも頑張って搗いていました。

DSC 2436大人たちは、四人で乱れ打ちなどと言いながら楽しそうです多。

DSC 2444

年末最後の雪20201231

昨夜から粉雪が降り始め、夜中に起きた時には満月の月と雪景色のコントラストは凄く素敵でした。本当はもっと雪が降るんじゃないかと思っていたのですが約2cmの積雪でした。ちょっと残念かな!!

sDSC 5026

ふんわりした雪ではなくて、寒さのせいかシャリシャリした雪でした。でも、久しぶりの雪景色をしばらく眺めていました。遊心前にある七福神もうっすら雪化粧をしています。お泊りのお客様は喜んでいらして雪だるま作りに頑張ってましたよ。

sDSC 5031

動物の足跡もいろいろ見ることが出来ました。

sDSC 5032

三年前の雪ほどではないのでそり遊びは出来ませんでしたが・・・

sDSC 5038

展望広場からの雪景色と熊本市内の風景もきれいでした。

sDSC 5044

展望広場のお隣にはメタセコイヤの並木道があります。立ち入り禁止になっているので鎖の外側からの景色を眺めました。韓国ドラマに出てきた雰囲気に似ています。

sDSC 5046

車にも雪が積もっていました。ワイパーが壊れないように主人が窓から外してくれていました。

sDSC 5035

お泊りのお客様には、道路の雪が解けるまでお部屋でゆっくりしてもらいました。

 

食材20201205

最近、お泊りになるお客様に遊心本館から約400m上にある芝生広場をご紹介しています。ここからだと熊本市内が一望でき有明海を挟んで普賢岳がきれいに見えます。お天気がよければインスタ映えすると思います。

sDSC 4957

sDSC 4958

製作途中だった階段も100段完成しました。もうすぐ、悠遊ハウスからの遊歩道が出来上がります。

sDSC 4893先日、あさのやぶにあるりんどうポークを飼育している麻井農場から豚一頭(約60kg)を買ってきました。主人は、社員さんに切り分けてあげるため、川尻の包丁店より買ってきた包丁で切り分けることにしました。

sDSC 4967

部位の名前を書いていないとわかりません。

sDSC 4968