blogheader

春のドライブ①20200405

今日は、久しぶりに主人とドライブに出かけました。3月はお客様が大勢お泊りいただいて忙しかったので、その慰労(?)を兼ねてのドライブです。コロナの影響で人ごみは避けて、宮崎県の諸塚村へ出かけました。家を8時に出て、清和村の景色の良いところで持ってきた朝食のおにぎりを食べました。至る所に桜が咲いていて心を和ませてくれます。

お昼前に諸塚村に着いてしいたけの館21に併設している「どんこ亭」でランチバイキングを頂きました。一番乗りだったので私たち夫婦だけでゆっくり食事を取ることが出来ました。

sDSC 3378

野菜中心の献立でしたがおいしくいただきました。

sDSC 3376

食器もすべて木製だったので温かみを感じました。

sDSC 3375エコミュージアムと食事処のどんこ亭は2階の通路で繫がっていて屋外で食べることも出来そうです。

sDSC 3373 ここから見える諸塚櫟(くぬぎ地蔵)は、しいたけの館21の対岸「ほたる橋エコパーク」にありました。

櫟(くぬぎ)は村の木でもあり、シイタケの原木として森の恵みの象徴でもあるそうで、その森の恵みへの感謝の気持ちと、「苦を抜く木」であるクヌギの地蔵を祀ることで、人の心の苦を抜き、やすらぎと癒しの世界へといざなう願いを込めて建立されたと書いてありました。だからクヌギの漢字は木へんに楽という字を書くのかなあと感心しました。

sDSC 3372

 

 

ヤギの遊歩道20200404

昨年12月に植えた菜の花が咲き始めました。ところどころ花がないのは、ヤギたちが脱走して食べてしまった形跡です。

sDSC 3341

主人の今日の作業は、ヤギたちの渡り廊下づくりです。確かヤギは高い所でも通ると聞いたことがあります。なので、小屋から広場までを廊下で繋ごうと作りはじめました。

sDSC 3338

餌を所々に置いて誘導しました。ユキちゃんは餌欲しさに登ってきますが、ハナちゃんは臆病なのかついて行こうとしません。

sDSC 3348

徐々に廊下に近づいてきます。

sDSC 3352

 sDSC 3355

あと少しです。

sDSC 3361

この後無事に広場へ降りました。慣れてきたら上手に行き来することだと思います。ハナちゃん!負けずにがんばれ!!

新しいこと20200331

満天ハウス横に作った石積みにいよいよ基礎の準備が始まります。入念な打ち合わせ中です。これからの進捗状況は順次お知らせします。どんな建築物が出来るか楽しみですね。

sDSC 3320

日曜日に近所の八勢めがね橋を見に行きました。満開を過ぎて少し散り始めていました。でも、相変わらず素敵な場所です。日向往還の道で、めがね橋の先の石段も歴史を感じます。

sDSC 3299

sDSC 3292

歓送迎会20200402

アバンスの歓送迎会を吉無田ですることにしました。居酒屋で計画していましたが、コロナの関係で密室に人が集まったらいけないということなので、遊心の屋外でBBQをしました。松明(たいまつ)は、遊心宿泊者に利用できるようにするつもりです。料金は炭代こみで考えています。後日報告します。

DSC 2130

最初は、勢いが良すぎましたが、後はこの松明を囲んで話が弾んだようですね。

DSC 2132

最近、野良猫がやってきました。慣れている猫なので飼われていた猫が捨てられたのかなと思います。すり寄ってくるので、ついつい情がうつり飼う羽目になりました。脱走したヤギのはなちゃんと遭遇してびっくりして凍ってしまいました。

sDSC 3333

満天ハウス横の進捗状況です。メッシュを組み込む作業中です。

sDSC 3326

sDSC 3329

コンクリートが入りました。

sDSC 3335

春の風20200330

今夜は風雨が強くて庭のタムシバの花が散ってしまわないかと心配です。モクレンかと思っていたら、お友達からあれはタムシバだよと知らせてくれました。

ところで、地元の七滝中央小学校のご家族の方が4組お泊りに来られました。2家族ごとに集まってBBQを楽しまれていました。主人は、喜んでもらえてよかったよかったと言ってました。

日曜日の青空に映えるこぶしの花です。sDSC 3287

今日は、ほぼ満開になっていました。

sDSC 3323

実物は、もっときれいです。皆に見せてあげたいですね。

sDSC 3322

朝から、少しだけヤギのハナちゃんとユキちゃんを離してあげました。庭の草を食べてくれると思っていたら、新芽を食べ始めたのであわてて小屋に戻しました。

sDSC 3280

sDSC 3281

主人が持っているせんべいに釣られて寄ってきます。

sDSC 3283

その後、主人は遅くなったけどシイタケの菌付に励んでいました。

sDSC 3284