blogheader

お知らせ20200624

先週末お泊まりされた方から先にメールで「クワガタ、カブトムシは捕れますか?」と尋ねられました。主人は、まだいないだろうと言っていたのですが、気になって土曜日の朝クヌギの林を探して回ったらクワガタが3匹いたそうです。早速、お客様に差し上げたら喜んでくれました。また、次の週に来られたお客様は、朝から頑張って探して2匹見つけたそうです。これから夏休みが楽しみですね。

DSC 3952

ところで、最近お客様からケーキの注文を頼まれます。御船においしいケーキ屋さんがあり「cher papa(シェール・パパ)」といいます。希望の金額で作ってくれます。サプライズであげたいと言うことなので、直前まで母屋の冷蔵庫に置いてお渡しします。もし、ご希望があれば3日前までにお知らせください。

DSC 3950

今、御船町商工会女性部で開発している恐竜ギョウザの試食会がありました。今年の2月から何度も試行錯誤して作られたものです。私は、ただ試食要員ですが・・・。黒豚と地元のお野菜を使っています。細かく切った軟骨は恐竜の骨に見立てています。市販のギョウザより少し皮がもっちりしていて厚いので食べ応えがあります。ふるさと納税のプレゼントに使ったり、市内の飲食店でも食べることが出来ます。遊心でも冷凍庫に用意して必要なお客様に提供しようと思っています。本格的に稼働したらまたお知らせします。

DSC 3992

DSC 3994

梅雨の時期らしく毎日よく雨が降りますね。遊心の所々に植えている山あじさいも今が盛りです。本当にきれいだなあと掃除をして疲れているときの癒しになります。DSC 3974

そば畑整備20200622

梅雨の晴れ間に、主人たち愛郷吉無田のメンバーで耕作放棄地を借り、そば畑にするために整備を始めました。うっそうとしている畑の草を刈り取る作業は大変だったそうです。

1592692581882

メンバーに入っている御船町町議の井藤はづき議員も草払機を上手に扱って作業をしていました。まだ、若いのに機械の取り扱いはなれたものです。奥で仕事をしているのは、この会の代表の渡辺さんです。蜩釜のオーナーでもあります。

1592692575243

広い敷地なので、全員汗だくで頑張ってくれました。ほぼ、作業終了です。この後、畑を耕してソバの種をまく準備をします。種をまくのはお盆前だそうです。

1592692570655

 

作業状況20200610

お天気は今日までみたいですね。タイニーハウスも徐々に形が出来て来ています。今日は、屋根に乗って作業をされていました。市内は37℃の暑さですが、吉無田は33℃。でもさすがに屋根の上は暑そうです。

sDSC 3891

sDSC 3909

昨日の夜は風が強かったせいか夜景がキラキラしてすごくきれいでした。一人で眺めるのがもったいないなあと思いました。仕事から帰ってりゅうちゃんのお散歩に向かった道路から普賢岳がはっきり見えていて、不知火海を挟んで天草上島も良く見えています。これも強い風のおかげ!?あまりにも天草が近くに見えるので最初はどこの島かなと思ったほどでした。

sDSC 3904

sDSC 3899普賢岳の山肌もはっきり見えますよね。

ところで、りゅうちゃんは、道路から脇道に入るとしきりに田んぼの先を気にします。さすがに犬ですね。イノシシやシカのにおいがするのでしょうか?

sDSC 3915

引っ張ってもなかなか動こうとしません。

sDSC 3918タイニーハウスと同時進行で、悠遊ハウス横に休憩所を作っています。この丸太とコンクリートブロックを基礎にしてその上に建てる予定です。丸太とブロックは同じ高さなんですよ。

sDSC 3893

sDSC 3894

梅雨入り20200614

いよいよ梅雨入りしましたね。梅雨入り宣言があったとたんに雨ばかりです。遊心周辺は、雨だけでなく霧にもおおわれています。ベランダから見える景色(?)も真っ白です。ちょっと幻想的でいいですよ。土日と家の中にこもっていたので今日のお昼は近くの蜩釜へピザを食べに出かけました。主人は、低い玄関から入る時に思いっきり頭を打ってしまいました。

sDSC 3944

お客様が多くて、テラス席でいただきました。テラスの先には今作業中の遊び場が見えます。奥にブランコやハンモックがあるそうです。

sDSC 3934

野菜ピザとベーコンピザを頂きました。時折、ホトトギスの鳴き声が聞こえます。

sDSC 3939

店内は、オーナーが製作されている器がたくさん展示してあります。温かみのある器です。もちろん、喫茶で提供されているピザやコーヒーの器もオーナーの作品です。

sDSC 3940

sDSC 3942食事の後、山道を通り干無田(ほしむた)方向へと降りました。途中、扇状の田んぼが見えます。以前は全部が田んぼで棚田になっている景色が見られたそうです。

sDSC 3946

sDSC 3947道路の途中に水路(井手)に稲で作られた飾り物がありました。毎年2月にある井手祭りは元禄井手ができた江戸時代から続いて います。カッパの形を模したと伝えられる「ワラヅト」に、にぎり飯やイリコを入れたものと、筒12本に入れたお神酒を水の取り入れ口に供え、 無病息災と米の収穫を祈願するそうです。
sDSC 3949

sDSC 3950細い道を下りたところに吉無田水源水を使っているお豆腐屋さん「山里」があります。どれもおいしいですが、三角あげは、厚揚げと間違えるほど大きくて重いあげです。オーブントースターで焼いてしょうがをのせて食べるとおいしいです。

sDSC 3954

sDSC 3952

梅雨入り前のお天気20200607

今朝は、いいお天気です。昨日から吉無田高原近くの交差点「みどりの駅」で野口お茶屋さんの新茶祭りがあっています。本当は、5月の連休にされる予定でしたが、コロナの影響で今日まで延ばされました。

sDSC 3865

プロが入れてくれるお茶の味は、普段自分たちで入れるお茶と違って風味と香りが最高です。

sDSC 3864

のっぺ汁のふるまいもあります。手作りこんにゃくや地元で採れたお野菜がたくさん入っていておいしかったですよ。

sDSCPDC 0001 4

のっぺ汁とおにぎり、まんじゅうを頂いておなか一杯になって帰りました。が、主人は、休憩することなく、薪割を始めました。この時期準備して十分乾燥させておくと薪ストーブに入れて使うときはよく燃えてくれるそうです。

sDSC 3877

薪割機の大きな音にりゅうちゃんも気になっています。割ってすぐの木はいい香りがしてきます。

sDSC 3879

また主人は、昨日の午後から夏に向けてスウェーデントーチの作成にかかっています。元々は、フィンランドの木こりが森の中で暖を取るために、切り落とした丸太を使っていたのが発祥で、そこから広まっていったそうです。地元の方たちも山に入った時に暖房代わりに使ったと聞きました。たき火と違って大きな炎にならず、ゆっくり燃えていく様を眺めることが出来ます。

sDSC 3857

十文字に切り込みを入れます。中心に着火剤を入れて火を点けると徐々に燃えていきます。

sDSC 3858

皮を剥いで出来上がりです。見た目をきれいになりましたね。この大きさで料金は1500円です。これより小さいものは1000円にしています。前日までに連絡いただければ、すぐ利用できるように準備します。

s1591562740023

また、これは近所の「村山鉄工所」で作ってもらったトーチです。隣においてあるのはもみ殻を固めて作った炭でこのトーチ専用です。これも鉄工所作成で特許だそうです。薪と違って火の粉も飛ばないで安心して使ってもらえます。トーチも横に穴をあけているので全体的に明るいですよ。照明代わりにもなります。今年のお正月に遊心で使いました。使用料は材料込みで3500円になります。

s1591562736957