blogheader

秋のたより20191021

庭のツワブキの花が満開です。この時期、花が何もないので黄色い花は賑やかに見えます。

sDSC 2499

sDSC 2500

昨日の夕日はきれいでした。標高600mある遊心からは、一昨日の八代の花火大会の花火がすごく小さいですが、きれいに見えました。ああ、あそこが八代の球磨川辺りだなあと思いながら見ていました。

sDSC 2502

sDSC 2510

この夕日を見てほしくて、お泊りをご予約されるお客様にはこの時期遅くとも5時までにはお越しくださいとお伝えしています。

 小さいお客様が来られると、ヤギのハナちゃんとユキちゃんのエサやりをしてもらいます。通常、クヌギの葉やポンポン草をあげていますが、この時は塩せんべいを渡しています。名前を呼ぶと喜んで走ってきます。ヤギの柵の隣が柴犬のりゅうちゃんの小屋があります。ユキちゃんたちにだけかまっていると、やきもちを焼いて吠えまくります。嫉妬して柵によじ登って自己主張をしてきます。

sDSC 2496以前はこの柵を飛び越えていたのですが、主人が柵をだんだん高くして3m近くにもなっています。でも、この網の間から顔を出して出て行こうと必死です。

sDSC 2498今朝、主人が修理をしました。これなら顔を出せません。

sDSC 2512本当にいたちごっこです。ヤギたちも何事だろうと眺めています。

sDSC 2513

秋のたより20191015

台風通過後は、涼しくなったというか肌寒くなりましたね。主人は薪ストーブの準備で大忙しです。これから3月初旬までの5か月間の薪をストックする作業が待っています。

これからの季節、夕日や夜景が一年中で一番きれいです。早朝より普賢岳がきれいに見えると気分が高揚します。いい一日になる予感がするんです。

sDSC 2397

満天ハウスの庭もきれいに芝刈りをしてテーブルを置きました。ここの棟は前庭でボール遊び等が出来ます。また、屋上からの景色も最高ですよ。

sDSC 2399

sDSC 2400

 先日来られたお客様が五右衛門風呂を利用されました。自分で沸かしていただくか、オーナーが沸かすか選べます。薪で炊いたお風呂は体の芯まで暖かくなります。これからの季節は露天風呂はご利用できませんが、五右衛門風呂は前日までの連絡で準備いたします。

sDSC 2454

だいたい20分程で沸きます。自分で焚くのも楽しそうですよ。

sDSC 2455

夏のイベント20190827

夏のイベントの続きです。

8/17には、マウンテンバイクのイベントがありました。参加者は、地元のお肉を楽しみに来られる方がたくさんいらっしゃいます。

主人たちは、毎回BBQの係りです。今回は、ドラム缶で作ったBBQコンロで豚肉の塊を2時間ほどかけてじっくり焼き上げました。

s DSC 2120

余分な油が落ちて見るからにおいしそうでしょう。もちろんちょっと試食しましたが通常のBBQと違ってお肉の味がしっかりしています。 

DSC 1649このドラム缶BBQは、遊心でも出来ます。事前にご連絡いただければ準備します。塊肉もご連絡いただければ地元で飼育している肉をご用意できます。

DSC 1650

そば畑20190925

8/18暑い中、頑張ってそばの種を蒔きました。等間隔で種を蒔くのは難しそうです。

s DSC 2113なかなか、さまになってきました。この畑と、上、下と3枚の畑に蒔くのですから大変です。

s DSC 2118種まき機は、ボランティア仲間の友人から借りました。プラスチックの箱の中に種を入れて、車で押していくと自動で種を蒔きます。文明の利器ですね。

s DSC 21198/22そばの芽が出てきました。5日ほどで芽を出すんですね。

DSC 16589/16そばの花が咲きました。早速、周囲に網を張りました。イノシシと鹿対策です。実を付けるまでは気が置けません。

s DSC 2374そばの実がなったら、11月の収穫祭でそば粉にします。そして、12月の感謝祭では、そばうち体験を計画しています。楽しみです。

夏のイベント20190826

今年の夏は、例年になく大忙しでした。というのも今年より新たに2棟が増えたからです。大人数に対応できるため毎日掃除洗濯に明け暮れていました。幸い、吉無田は朝夕涼しくて、ぐっすり眠れるせいか疲れが残ることなくこの夏を乗り切れました。

吉無田のイベントも盛りだくさんでした。まず、7月6日のトレイルランの開催は、前日までの台風の影響を受けることなく大にぎわいでした。 

201901主人たち「愛郷吉無田」のメンバーの出店もにぎわいました。走った後の冷たいスイカがおいしそうでした。

 

201903

次に8月3日の吉無田高原夏祭りは、地元のみなさんの協力で例年この時期に開催されます。町中のお祭りと違って手作り感満載です。また、花火は地域の方の協力で頑張ってあげてくれます。事前に講習会にも参加しています。

今年は、カントリーミュージックの音楽もあり、テンポのいい曲についつい踊り出したくなります。

DSC 1643

夕暮れになると、高原に竹灯籠がともります。この中で、ビエントのオカリナはすごく雰囲気にマッチして幻想的な風景になりますね。DSC 1645最後は、花火です。朝から準備された努力の結晶(?)の打ち上げです。涼しいところで見られるなんて最高ですよ。もっともっと多くの人にこのお祭りを知って貰いたくなります。

DSC 2080

s DSC 2063