blogheader

春の小旅行①20210404

久しぶりに吉無田メンバーで天草へ1泊旅行に出かけました。まず、昼食にと宇土市にある船場橋近くの飲食店へ。宇土の船場橋の畔にある140年前の蔵をリノベーションした洋食レストランです。

DSC 5531

内部も大きな柱が残っていて趣のある建物でした。もちろん、食事もおいしかったですね。

DSC 5528

DSC 5530

このお店を出たところに船場橋があります。この橋は浜戸川の支流、船場川に架かる石橋の単一アーチ橋で、延長13.7m、幅4.1m。江戸末期に造られた眼鏡橋です。橋のアーチを彩る馬門石(まかどいし)の薄紅色が印象的です。かつて宇土城下町の水運の拠点としてにぎわったこの辺りには、武家屋敷や井戸、船荷を積み下ろした石段が川の両岸に残り、江戸時代の面影を今に伝えています。石材は宇土市で採れる馬門石を使用しています。熊本地震で被災した江戸時代末の石橋でしたか2020年春に復旧されました。

DSC 5534

DSC 5532

石のことには詳しい主人が成り立ちや馬門石の詳細を友人に説明していました。

次に向かったのは定番の三角西港です。石畳の港湾や洋館など、明治時代に造られた姿がそのまま残っており、多くの映画やドラマのロケ地としても使われているんです。この写真は、「浦島屋」です。明治20年頃、当時三角港と呼ばれていた三角西港に誕生したコロニアル様式のホテルでしたが、明治37年に廃業。現在の浦島屋は平成4年に数枚の写真を基に透視図面を作成し、かつての姿に復元したものだそうです。

DSC 5535

この水路は、私の好きな場所です。山裾から海岸へと流出する石造りの排水路で、底も側面も石積みで造られています。明治20年竣工。水路の曲がり角を直角ではなくカーブをつけて作られているなど、当時の最先端の工法で作られました。平成14年(2002年)に国の重要文化財に指定されています。

DSC 5540

西港から、新しい新天草1号橋(天城橋)が見えます。これからここを通って天草に向かいます。旧1号橋「天門橋」(てんもんきょう)に仲良く寄り添うかのように作られた全長463メートルの新1号橋は、アーチ橋としては国内最大級、「ソリッドリブアーチ」と呼ばれる工法では国内最長となるそうです。

 DSC 5538

 途中、以前紹介した「リゾラテラス」に寄って、姫戸町にある「甲ら家」に向かいました。

DSC 5567

 タイでよく見かけたトゥクトゥクもありました。懐かしいねと皆で言っていたら、食事会場まで乗せてくれました。

DSC 5555

春を待って20210312

今日通勤の途中、上野地区でわらで作られた飾り物を見つけました。毎年3月21日に行われる井手祭りの準備の「ワラヅト」でした。カッパの形を模したといわれる「ワラヅト」ににぎり飯やイリコを入れたものと、竹筒12本に入れたお神酒を水の取り入れ口に供え、無病息災と米の収穫を祈願するそうです。再度、21日に完成したワラヅトをまた見たいと思います。

s DSC 5412

s DSC 5413

主人が以前作っていた『悠遊ハウス」から「天空ハウス」へ行ける歩道が途中だったので、続きをご近所の方に手伝ってもらって作業を再開しました。ここまでは、ばっちり出来上がっています。

s DSC 5393

 丸太の階段はご近所の方の作成です。傾斜を考えながらの作業は大変そうです。

s DSC 5394

傾斜を考えながらの作業は大変そうです。

s DSC 5395

今朝は、主人がその階段に砂利を入れました。昼から雨が降るそうなので泥でぬかるまないようにです。

s DSC 5409もう少しで完成しますね。

s DSC 5408

新しい作業20210221

今、主人が頑張っていることは、新しいヤギ小屋を作ることです。ハナちゃんたちの小屋や柵は8年前のものなので、古くなった柵から時々脱走しています。早急に作る必要になりました。

sDSC 5211

この周辺に柵を設けて、ヤギたちの広場にする計画です。

sDSC 5213

 レベルを当てながらの作業で、立派な小屋が出来そうです。

sDSC 5301

sDSC 5303

今日の作業風景です。屋根が出来始めています。

sDSC 5307

癒しの風景20210223

遊心から見える景色で一番は夕日です。年間を通してきれいな夕日が見られます。

sDSC 5219

ハナちゃんとユキちゃんも見とれているのでしょうか。なんだか哲学的な顔をしているみたいです。

sDSC 5302

2月初めには雲海も見られました。

sDSC 5198

sDSC 5199

お天気のいい日はきれいに普賢岳が見えます。

sDSC 2110

夏になると雨雲から雨が降っているのも見ることが出来るんですよ。ああ!あの辺りはにわか雨が降っているんだなあとわかります。

sDSC 2247

でも、夕日が最高ですね。一日の疲れが吹き飛びます。ついつい写真をたくさん取ってしまいます。

sDSC 2087

sDSC 0211

DSC 4412

夕日がピンク色に見える日もありました。

sDSC 2235

こういう夕日をお客様にも見ていただきたいです。また、夜景も素敵ですよ。本当は肉眼で見る方がもっと感動していただけると思います。

sDSC 5259

 主人が作業中に撮った夕日です。刻々と変わっていく景色が良くわかります。徐々に熊本市内の夜景が見え始めていますね。

DSC 2512

DSC 2513

DSC 2514

寒さも最後?20210220

17,18日の寒さは堪えましたね。これが最後の寒さであってほしいです。

sDSC 5278

1月の雪に比べると少ないですが、寒さは半端なかったです。路面も凍っていて歩くのも怖いくらいでした。でもスタッドレスをつけた車で100m下に降りると全然雪が見当たらず気が抜けました。

sDSC 5280

展望ハウスには見事なつららが見られました。

sDSC 5288

落ちてきたら怪我しそうです。

 

sDSC 5286

 でも、今日20日は一転して暖かい一日になりました。庭の白い小梅も咲き始めました。小さい花が可憐です。いよいよ春が訪れ始めています。これからは春を探してみることにします。

sDSC 5304

sDSC 5305

天空ハウス玄関にいつのまにかふきのとうが出ていました。気づくのが遅くて天ぷらには出来そうもありません。

sDSC 5313