blogheader

寒さも最後?20210220

17,18日の寒さは堪えましたね。これが最後の寒さであってほしいです。

sDSC 5278

1月の雪に比べると少ないですが、寒さは半端なかったです。路面も凍っていて歩くのも怖いくらいでした。でもスタッドレスをつけた車で100m下に降りると全然雪が見当たらず気が抜けました。

sDSC 5280

展望ハウスには見事なつららが見られました。

sDSC 5288

落ちてきたら怪我しそうです。

 

sDSC 5286

 でも、今日20日は一転して暖かい一日になりました。庭の白い小梅も咲き始めました。小さい花が可憐です。いよいよ春が訪れ始めています。これからは春を探してみることにします。

sDSC 5304

sDSC 5305

天空ハウス玄関にいつのまにかふきのとうが出ていました。気づくのが遅くて天ぷらには出来そうもありません。

sDSC 5313

冬日和20210127

ここ数日暖かい日が続いています。半月ほど前の寒さを実感しているからか、この暖かさが嬉しいです。庭のロウバイにも花が咲き始めました。まだまだ数えられるほどですが・・・

sDSC 5201

日曜日は、プチドライブに出かけました。まず、大津町にある銅銭糖(どうせんとう)というお菓子のお店に行きました。名前の通り、一銭銅貨を五十枚重ねた形を模しているのでその名前がついたと聞きました。

sDSC 5173

お店の前には上井手に架かる古い石橋があり、紅葉の時期にはもみじがきれいだそうです。

sDSC 5175

  それから主人たちが熊本地震の後、調査関係で仕事をした「北側復旧道路」と国道57号線を見に行きました。2020年10月に完成した専用道路は阿蘇方面に行くのに快適で時短になる道路です。

sDSC 5177

途中、一か所だけトンネルがあります。このトンネルを抜けるとカルデラの中に入ることになります。突然開けた風景には気持ちが高揚しますよ。

sDSC 5180

 帰りは57号線を通って帰りました。地震で壊れた阿蘇大橋を望む駐車場には、震災遺構として石碑が立っていました。

sDSC 5181

sDSC 5182

被災した橋から500m下流に新しい阿蘇大橋が出来つつあります。2021年3月開通だそうです。

sDSC 5186

その後、下井出にある屋形井樋を見て帰りました。戦国武将・加藤清正公によって作られた用水路取り入れ口の一つです。活用当時は白川から下井手用水への迅速な水の取り入れのため人が常駐していた県内唯一の施設になります。屋根つきというのは県下でもここだけだそうです。震災を受けたままで復旧されていません。

sDSC 5192

sDSC 5189

土曜日はお天気が悪くでお泊りの人たちには申し訳ない気持ちになりました。日曜日はいいお天気で夕日がきれいでした。また、この夜の夜景も雨上がりの影響かきらきら光って見とれてしまうほどでした。

sDSC 5205

雪景色20210107

水曜日から急に冷えてきました。天気予報は当たりますね。翌木曜日に起きたら一面の雪景色でした。

sDSC 5093

sDSC 5099

年末と違ってふわふわの雪が5cm程積もっていました。サクサクと雪を踏みしめると音がします。長靴を履いて散策しました。

展望ハウスに入る道です。

sDSC 5101

今度はそりすべりが楽しめそうです。

天空ハウスの入り口です。恐る恐る進んでいきました。

sDSC 5103

ベランダからは熊本市内の景色が一望できます。

sDSC 5107

悠遊ハウスに行く道も真っ白です。主人がヤギに餌をやりに行った車の跡だけがついていますよ。

sDSC 5095

ヤギ小屋周辺のクヌギ林の風景です。

sDSC 5112

sDSC 5113

悠遊ハウスのベランダを眺めていたらまた、雪が降り始めました。昼過ぎなのに夕方のような薄暗い景色になりました。

sDSC 5110

 

寒さが続いた1週間20210112

先週の木曜日から、家の周辺から車で出れない状況が続いています。主人の車は冬用タイヤなので平気で会社に向かいました。11日だけは一緒に行って事務処理等をやってきました。母屋はしばらくは水もお湯も出ない状況でしたが、今日からはやっとお湯も出てきました。通常のありがたさを痛感しています。今の楽しみは展望広場からみる景色です。

s 1610408826408

母屋から300m程上方にあります。散歩がてら(今は雪で恐る恐る歩きますが・・・)歩いて行くと熊本市内を一望できる場所が現れます。家に籠っている今は、十分癒される場所です。雪がなくなって、暖かくなったら緑色の芝生が現れると思います。

 ところで、お泊りのお客様は最近焚火を希望される方が多いです。この時期そのまま薪を燃やすと木々が乾燥しているので火災の恐れがあります。なので、焚火台を購入しました。薪こみで1式2000円で準備いたします。

s DSC 5130

 

年末最後の雪20201231

昨夜から粉雪が降り始め、夜中に起きた時には満月の月と雪景色のコントラストは凄く素敵でした。本当はもっと雪が降るんじゃないかと思っていたのですが約2cmの積雪でした。ちょっと残念かな!!

sDSC 5026

ふんわりした雪ではなくて、寒さのせいかシャリシャリした雪でした。でも、久しぶりの雪景色をしばらく眺めていました。遊心前にある七福神もうっすら雪化粧をしています。お泊りのお客様は喜んでいらして雪だるま作りに頑張ってましたよ。

sDSC 5031

動物の足跡もいろいろ見ることが出来ました。

sDSC 5032

三年前の雪ほどではないのでそり遊びは出来ませんでしたが・・・

sDSC 5038

展望広場からの雪景色と熊本市内の風景もきれいでした。

sDSC 5044

展望広場のお隣にはメタセコイヤの並木道があります。立ち入り禁止になっているので鎖の外側からの景色を眺めました。韓国ドラマに出てきた雰囲気に似ています。

sDSC 5046

車にも雪が積もっていました。ワイパーが壊れないように主人が窓から外してくれていました。

sDSC 5035

お泊りのお客様には、道路の雪が解けるまでお部屋でゆっくりしてもらいました。